タクシードライバー求人情報サイト「タクドラ」求人登録・求人応募完全無料

タクシードライバー求人情報サイト「タクドラ」求人登録・求人応募完全無料

求人登録・求人応募完全無料タクシー求人サイト

タクシードライバーの適正

タクシードライバーの適正

タクシードライバーに転職しようとした際に「自分はタクシードライバーにむいているのか?」と考える方もいるのではないでしょうか?
転職はやはり勇気がいるもの。転職サイトが多数公開され、転職の門戸が広く開かれている現代でも、慎重になるのは当然の事です。
では実際にタクシードライバーに向いている方とはどういった方なのでしょうか?

運転能力

ただし、ここでいう運転能力とはレースなどで活躍できるようなものではありません。
(※レースで活躍するドライバーの方ももちろん基本的な運転能力は高いとは思いますが。)

ここでいう運転能力とは主に「安全運転」と「快適性」です。
より安全、快適に目的地へと運転する事がタクシードライバーには必須といえます。
早く目的地へ到着する事も、もちろん大切ではありますが、事故をおこしたり、お客様が不快に思うようなブレーキングや、
急発進をしていては意味がありません。

地理に強い事

担当する地域の地理を熟知している事がタクシードライバーの基本です。
現在多くのタクシーでナビゲーションシステムが導入されていますが、お客様の指定した場所へ、
時間的な要素(渋滞など)や地域の方が知っているような裏道などの順路も加味した上で、最短のルートを選択できれば、
お客様の満足度はさらに向上するでしょう。
もちろん、タクシードライバーになってすぐにこれらの地理をすべて把握する事は難しいでしょう。
日々こうした事を意識し、勉強を重ねる事ができるかどうかがタクシードライバーの適正として必要ともいえます。

接客対応に苦手意識をもっていない

タクシードライバーは基本的に一人で働く事ができる仕事です。
”人間関係が苦手”という方もタクシードライバーを仕事として選択するひとつの要素となりえるかもしれません。
しかし、接客については必ず必要な適正です。
必要以上にお客様とコミュニケーションをとる必要性はないかもしれませんが、淡々とした不愛想なドライバーではお喜びいただけないしょう。
お客様に快適な車内空間を提供する、また利用したいと思っていただくにはしっかりとした言葉使いや、対応が必要です。
”お客様の運送”ではなく、常にお客様にお喜びいただく、サービスという意識をしっかり持つ事が重要です。

健康である事

車の運転は一歩間違えば生命を脅かす可能性があります。
近年運転中の発作などで重大な事故をおこしてしまったドライバーのニュース(※タクシーに限っての事ではありません)も
報道されていました。安全運転はドライバーの意識と運転能力によるものですが、急病など健康で突然運転ができなくなる可能性も
考えられます。タクシードライバーはお客様の命を預かる非常に責任のあるお仕事です。
日々の健康管理はもちろんの事、発作が突然発症するような持病をもっていない事も大切な適正です。

タクシードライバーの適正について、いくつかの例を挙げさせていただきました。
もちろんこれ以上にも重要な適正はありますが、上記に挙げたものは必須と言っていいかもしれません。
またタクシードライバーは日々の努力によって年齢に関係なく、通常のデスクワークをおこなう会社員では、
難しいような大きな収入を得る事ができる職業でもあります。

タクシードライバーを目指す方は「プロ」という意識をもってしっかりと業務に取り組んでいただく事がもっとも重要かもしれません。

page
top