タクシードライバー求人情報サイト「タクドラ」求人登録・求人応募完全無料

タクシードライバー求人情報サイト「タクドラ」求人登録・求人応募完全無料

求人登録・求人応募完全無料タクシー求人サイト

タクシードライバーの給与形態

タクシードライバーの給与体系は多くのタクシー会社で歩合制が採用されています。
一般的にタクシードライバーは「完全歩合制」というイメージをお持ちの方も多いようですが、完全歩合制ではなかなか売り上げが上がらないドライバーは生活ができなくなってしまいます。

その為、未経験者は2ヵ月~3ヵ月の給与保障をかかげているタクシー会社も多く、また、完全歩合制ではなく、「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」という3つの給与形態を採用しているタクシー会社が一般的です。

今回のコラムでは上記の3パターンの給与形態についてご説明させていただきます。

A型賃金

固定給+歩合給+賞与

こちらの給与形態は一般的な企業の営業職のような給与形態となります。
基本的な固定給が支給された上で、売り上げに応じて歩合給が支給されます。
固定給はベースアップにて給与が年々上がる可能性もありますが、最低限のノルマ未達成により、減額されるなどの
制度を導入している場合もあるようです。
最近では都市部のタクシー会社では「B型賃金」「AB型賃金」に対して、あまり見られない給与形態となっています。

A型賃金のメリットとデメリット

A型賃金のメリットはなんといっても固定給が支給されるという事だと考えれらます。
しっかりとした固定給がある分、歩合部分の割合は低くなりますが、安定的にタクシードライバーを続けていきたいという場合は、
大きなメリットとなります。
しかし売り上げが上がった場合でもタクシードライバーにとってのメリットは少なく、タクシードライバーの”やる気”の低下、年々のベースアップによる給与の高騰や、
また昨今タクシー会社の燃料高騰等によるコストの増大など、タクシー会社の運営上のデメリットも大きく最近ではA型賃金を採用する企業が少なくなっています。

B型賃金

完全歩合制

いわゆる”完全歩合制”と言われる給与形態です。
タクシードライバーになって頑張って稼ぎたい!そういう方はこちらの給与形態がオススメです。
[月間売り上げ×歩合率]という給与形態により、他の給与形態に比べて非常にシンプルでわかりやすく、
AB型賃金とは違い、毎月のプール金(賞与)などはなく、売り上げ歩合が支給されます。
タクシードライバーから他社のタクシードライバーに転職したなど、経験豊富でしっかりと稼ぎたいというドライバーにとっては
非常に稼ぎやすい給与形態です。

B型賃金のメリットとデメリット

メリットはなんといっても、自身の頑張りによって非常に高給を得る事ができるという点です。
年齢等も関係なく努力によって高い収入を得る事が可能な為、経験豊富なベテランタクシードライバーだけでなく、
最近では若年層のタクシードライバーからも人気のある給与形態ですが、デメリットとしてはその分、給与が不安定になりやすいという事です。
ですが、ある程度人気のあるタクシー会社の場合や、タクシー乗り場等の整備もあり、タクシー会社も収入を得やすい環境づくりを行っている為、
よっぽどの事がない限り、努力すればしっかりとした収入を得る事ができるのではないでしょうか。

AB型賃金

A型賃金とB型賃金のハイブリッド型賃金形態

現在最も一般的なタクシードライバーの給与形態がこちらのAB型賃金です。
A型賃金の固定給とB型賃金の歩合給を組み合わせ、毎月の支給額の一定割合をタクシー会社側でプールして
年2~3回の賞与として支払うという給与形態です。

AB型賃金のメリットとデメリット

メリットはA型賃金のように安定的な基本給がありながら、一定の売り上げを超えた分の歩合給が受け取れるという点です。
加えて毎月給与からプールされた給与を賞与として受け取れるので、生活の安定に加え、貯蓄性が高いという面があります。
タクシー会社としてもプール金を賞与として支給する事で社会保険料の負担を抑える事ができるというメリットがあります。
歩合給の面もあるので、タクシードライバーの頑張りによって受け取れる給与、賞与に関しては増減があります。
またタクシー会社によって歩合率の違いや、毎月のプール金額など様々なパターンも考えられる為、少し分かりずらい給与形態ともいえる為、
AB型賃金を採用するタクシー会社への転職・就職の際は給与形態について、しっかりと確認する事も必要でしょう。

page
top